2012 | 03
2011 | 03 | 08
2008 | 06
報告  

「2月定例県議会」を終えて

 
2月定例県議会」を終えて

昨日(3月11日)次年度の本予算を決める一年間で一番長い2月定例県議会が終わりました。
終了したのが 午後2時20分すぎ、それから20分位のちに 起きたのが
「東北地方太平洋沖地震」でした。
まさかこんなに凄ましい状況になるとはその時は 思いませんでした。
そして 明け方の 「長野県北部の大地震」とつづき 更なる驚きです。

犠牲になられた方 被害を受けられた方に 心から哀悼の意を表し
お見舞いを申し上げる次第です。


以下 2月定例県議会の報告をいたします。

 ,錣団(自民党県議団)としては、11月定例県議会に引き続き、事業仕分けの
  予算中「構想ニッポン」に支払うべき部分を削除した予算修正案を提出いたしました。
  
  「事業仕分」そのものに反対した訳ではありませんが、事業仕分けのプロ集団「構想ニッポン」
  に仕分けを託してしまうと‘信州型’にはならないと言うのがその理由です。もっと言えば、
  「プロ集団 対 口ベタ職員」の対決は 得てし「善 対 悪」のパフォーマンスになり易いからです。

◆〆8紂(篝気發△蠅泙垢ら、この春に何もかも完璧にすることもない故、本予算には敢えて反対せずに通しました。

  ただ 敢えて言えば 県債残高は実算800億円も減らすことができましたが、景気も悪い県内経済のことを
  考えれば、もう数百億円の事業費が 欲しかったと思います。

 
 阿部知事も本予算を作成し いよいよ本格的に自分の個性を出してくるものと思います。

 我々は県のため、いたずらに争うのではなく 是々非々で対処してまいります。
 (もっとも、そのためには、統一地方選挙に勝ち抜くことが 大前提です。
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.