カバの雄叫び - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

カバの雄叫び 政権交代   民主党・自民党に望むこと 2009/10/27 1:47 pm

政権交代   民主党・自民党に望むこと


本年夏、自民党完敗という形で政権交代が現実のものになりました。
民主党が政権の座について 2ヵ月。
八ッ場ダムはじめ 公共事業のこと、
来年度予算の概算が90兆円を超えてしまい 赤字国債をどうするかとのこと、
高速道路の無料化のこと、
はたまた、新しい郵政のトップに元大蔵省事務次官を選んだこと等々様々な問題を
投げかけてくれます。


かつて、自民党をけなし民主党を持ち上げていたマスコミ各氏も、新しい政権を
ほめたり けなしたり と日替わりで忙しい毎日です。
出来立ての政権ですので試行錯誤も当たり前でしょうし
多少の失敗に目くじらを立てるのも大人気ないことでしょう。
ただ、この混乱の先に結果として日本の国を多少ともいい国にして欲しいと
願わずにはいられません。


政権交代がなされ、民主党は選挙時に謳ったマニュフェストを実現しようと躍起になっています。
これまでの、[選挙公約」がいい加減だったことの裏返しかもしれません。
しかし自民党も含めて、この流行のマニュフェスト選挙が 日本を正しい方向に導いてくれるかと
言えば大いに疑問があると言わざるを得ません。

現在のマニュフェストは、民主党・自民党ともに 国民に対する訴えではありますが
票を得るための道具でもあります。
しかし、そもそも私も含めて国民は、欲張りであり、我がままでもあります。
その欲張りで我がままな選挙民の票をとるための道具としてマニュフェストが作られ、
そのマニュフェストに縛られて政策が実行されたら、日本の国は一体どうなるでしょう。
選挙に勝ちたいことはよく分かりますが、
マニュフェストは、票を得るための道具であると同時に、国民を啓蒙あるいは覚醒させる
ものでなくてはならないのです。

目先の利を主眼としたマニュフェストでは、選挙に勝つことはできても、
国を正しい方向にみちびくことは出来ないのです。

『日本の息吹』10月号に、台湾の 金 美齢女史が「日本よ、中国に呑み込まれることなかれ」
との題で 次のような文章を載せています。





『台湾は今、ブラックホールに呑み込まれようとしています。
一昨年末の立法議員(国会議員)選挙と昨年の総統選挙。
それに よって政権はまた国民党の手に戻りました。
国民党というのは中国人の党なんです。中国国民党なんです。
あれだけ 国民党の圧制下で苦しい思いをした台湾人が、もうそれを
すっかり忘れていて単純なキャチフレーズ「生活第一」に乗せられた。
経済が大切であるから、中国と仲良くして経済を良くしようという、
馬英九の言葉にコロッと騙された。そして陳水扁政権はなにもしなかったじゃないか、
陳水扁にお灸をすえようというメディアの扇動に乗ってしまった。
私は馬英九政権になったら間違いなく台湾は中国に呑み込まれると予言しましたけれども、
こんなに早く事態が動くとまでは予想できませんでした。
しかし 皆さん。実は今、日本も同じようなことが起ころうとしているのです。

「生活第一」ー確かにその通りでしょう。
しかし、国の安定無くして、国が豊かでなければひとり一人の生活が良くなるわけがない。
国家という観点がすっぽり抜けてしまっている。それが日本の有権者の価値観、ものの考え方では
ないでしょうか。それは、まさに台湾の大失敗と同じ構図です。
 多くの台湾人は悔やんでいます。
こんなことになると知っていたら馬英九に一票入れるんじゃなかったと。
しかし、遅すぎます。もう間に合いません。
台湾が中国に呑み込まれるのも時間の問題でしょう。

 今、しっかりしなくちゃならないのは日本です。
日本こそがこの対中戦線における最前線になったのです。』



 「生活第一」確かに票は取れるでしょう。
しかし「国家」があってこその「生活」です。
長い平和と最近でこそ陰りがでてきた豊かさに慣れた日本人は「国家」を
忘れています。「国家」は悪ではありません。悪であるとすれば 政権です。
もう一度「国家」の何たるかを国民こぞって考え直す時がとっくに来ているのです。

民主党に申し上げます。
どうか 利を主眼としたマニュフェストにこだわらず、「国家」「国民」を見据えて
国を正しい方向に導いて下さい。

マスコミ各氏に申し上げます。
視聴率は大事なことかもしれません。
しかし、世論形成に最大の力を持っていることを自覚し、今日でなく明日の日本を
見据えて発言して下さい。

自民党に申し上げます。
負けたばかりで呆然自失となっていることも無理からぬところです。
与党時代が長過ぎて野党であることが理解できずにいることもわかります。
しかし、国民の大半は健全野党の存在をのぞんでいます。
健全野党がしっかりしなければ、民主党が暴走するかもしれません。
「友愛」の名の下に 外国人参戦政権問題、過度のジェンダーフリー、日教組主導の教育等など
許してはならぬ問題もあります。
どうか反省すべき点は反省した上で、日本を半世紀以上リードして来た自信を取り戻し、
目先の利ではなく、「国家」の大切さを啓蒙し「日本人」の古き良きアイデンテティーを
取り戻すそんな頼もしい政党に生まれ変わって下さい。

このエントリーの情報

カバの雄叫び 新春に思う 2009/01/01 12:00 am

本来ならば輝かしい初春を迎えてのご挨拶を申し上げるべき時節ではありますが、昨年来、百年に一度とも言われる世界的不況の暗雲が地球すべてを覆い尽くそうとしています。

 一個人・一企業は言うに及ばず、一国の努力を持ってしても、この暗雲を払うことはできません。歴史を振り返ってみますと、自国の非常事態の解決を戦争に求めたケースもありました。また他国の戦争による特需によって救われるということもありましたが、時代は変わりました。戦争は勿論のこと、利害の対立や調整では決して解決できないでしょう。すべての国が自国の利害を超えて協調することによってのみ、この危機を乗り越えることが可能だと思います。

 そう考えて我が国の政治に思いを馳せる時、誠に心配なことがあります。前述したように、この世界的危機を突破するためには、我が国も、自国の利害を超えて、世界のために国論を統一し、強力に国策を遂行することができるかどうかがポイントとなります。

 「ねじれ国会」のせいでもあり、政権の行方を決定づける総選挙が間近のせいでもありましょうが「党利・党略」ばかりが目立つ我が国の政治の姿であります。目先の政策は耳にしますが「国家百年の計」の論議は絶えて久しく耳にしないような気がします。

 政治家を選んだのは私達です。政治家ばかり責めてもはじまりません。私達ひとりひとりが「自分の利害」を超えて「国家のため」「世界のため」を真剣に考えてこそ、政治も変って行くものなのかもしれません。反省をこめ、来るべき選挙に誰が勝利してようとも、与党・野党を問わず、「党利・党略」ではなく「国家のため」「世界のため」の政治に徹することを願ってやみません。

 さて、長野県政においても課題は山積みしています。不況対策として県政としてできる限りのことはしなければなりませんし、

○産科医不足に象徴される地域医療をどう守るか

○後継者不足に加え鳥獣被害に悩ませられる農業をどう守るか

○公共事業の減少と入札制度の変更により瀕死の状況にある県内建設業の再生をどうしたらよいかなど問題は様々ございます。


 県(知事)に対し、県民の立場から言うべきことは言い、国に対しても必要なことはしっかり言う立場を貫き、最大会派(自由民主党県議団)の責任者(団長)としての重責を果たしてまいる所存ですので、今後ともご理解ご支援をよろしくお願い申し上げます。

このエントリーの情報

カバの雄叫び 自民党総裁選について 2008/09/10 12:19 pm

本日は、今月22日投票が決定している 自民党総裁選の告示日です。

これまで自民党の総裁とは、つまりは内閣総理大臣になる人であり、(唯一の例外は、総裁にはなったが 総理になれなかった 河野洋平現衆議院議長だけである) 今回も、例外ではありません。

本命と言われてる 麻生太郎氏 をはじめ5名の立候補者の顔ぶれが決まったところであります。

かつて、総理・総裁とは派閥の領袖ないしは、それに準ずる人がなるものでした。
小渕さん・森さんまではその通りでしたが、小泉さんがその歴史を大きく変え、派閥の領袖でなくても 国民の人気をバックに 総理・総裁になれるという道を開いたのです。

今回の5人の候補者の顔ぶれを見ても、麻生さんだけが小さな派閥の領袖ですが 残りの4人は領袖でもなんでもありません。

古くさい派閥でなく、広く党員・国民の人気が総理・総裁を選ぶ基準であることは 民主主義が発達した結果とも言え喜ばしいことではあります。


そのことを 小泉さんが可能にしたことを考えれば、小泉さんの功績はまことに大きいと言わざるを得ません。
 総理・総裁に なるまでの小泉さんに関して言えば、前述した如く 功績を讃えても非を唱えるものではありません。

小泉さんの話を続けますが、その後が問題でした。
もっとも 小泉さん本人が問題というより
『自民党をぶっ壊す』と明言した小泉さんを よし とした自民党の先生方に問題があったのかもしれません。


『自民党をぶっ壊す』というのは、ある種の逆説的な表現でもあり許せるものかもしれませんが、私が許せないのは、
「郵政民営化」という純粋な政策で 多くの自民党の先生方が意に反して屈服したことです。


一部の人は、自民党を離れ (我が長野県知事の村井さんがこのケースです)
また、またある人は自民党を追い出され 選挙区に刺客を立てられるなど、正に 『自民党をぶっ壊され』たのです。

最後まで信念を貫いた議員は少数であり、多くの自民党の先生方は 
『自分の信念』より『小泉さん人気』を選択したのです。

参議院で「郵政の民営化」を否決された小泉さんが、衆議院を解散するという暴挙さえまかり通ってしまいました。
正に、「人気者」のやることはすべて OK という空気だったのです。


結果、「小泉人気」「小泉ブーム」によって自民党は衆議院選に大勝しましたが、私は長期的に見れば正に
『自民党がぶっ壊された』のだと思います。


話を元にもどします。
私が なにを言いたかったのか。
確かに政治家は選挙に勝ち残りたいが為に「人気」にすがりたいとの思いはわかります。
しかし、政治家たるもの「政策」つまり「信念」を捨ててまで「人気」にすがってはならないと思うのです。

そういう意味で、小泉さん、「小泉劇場」は私達に貴重な体験を与えてくれました。


これから総裁選の政策論議が始まります。

政治家たるもの「政策」=「信念」を大切にし、まかり間違っても、おのれの選挙のために「信念」を捨てて「人気」にすがることのないように願ってやみません。

このエントリーの情報

カバの雄叫び 佐藤さんの死を悼んで 2008/07/28 4:25 pm

今月の5日、我が県議団の仲間である 佐藤友昭さんが 亡くなりました。

佐藤さんは 、俺が・・・俺が・・・と  手柄を言いたがる議員の中にあって、
人には尽くすけれども、 決してみずからが目立とうとはしない 稀有な存在でした。
以下は、私が 故佐藤さんに 捧げる弔辞です。



佐藤さん あなたは 政治家として固い信念をもちながら 人に対しては 優しい心遣いをされる方でした。
そのお人柄ゆえ、人脈の広さは間違いなく県議会一でありました。

これから申し上げることは、あなたの師匠である 吉田博美先輩の教えを 守ったからだと思いますが、

佐藤さん あなたがいてくれたからこそ 我々議会の有志の面々が
色々な職業の方々と 親しく懇談できる 交流の機会を持つことが出来ました。

さらにまた、あなたは 他の会派の若手をも含めて 平成倶楽部を組織し
毎議会の委員会の日の朝に、勉強会を開いてくれました。


あれもこれも すべてあなたが地道に段取りをしてくれたからこそ出来たことですが
あなた自身は 決して目立とうとはせず 手柄を人に譲っても平気な人でした。

あなたはそのお人柄ゆえ 他の会派の議員とも分け隔てなく話しをすることの出来るひとでした。

様々な議案や案件で 議会での賛否の票読みが必要なそんな時に 他会派の状況に通じており しかも冷静な判断の出来る佐藤さんに  私はどのくらい助けてもらったかわかりません。


こうして 振り返ってみますと いまさらながらにあなたの存在の大きさを
感じるとともに。私自身が あなたに どのくらい支えてもらったことか。
あらためて感謝の気持を 禁じえないのであります。


佐藤さん あなたを失ったことは 本当に残念であり 痛恨の極みであります。

享年49才。 心残りもあり 無念でもありましょう。


お別れは 誠に辛いことではありますが、
あなたの思い あなたから頂いたご恩を 忘れることなく
皆で力をを合わせて 今後の長野県を さらに良くしていくことを 
お誓い申しあげます。


何卒 残されましたご家族に限りないご加護を垂れ賜りますよう 
お祈り申し上げるとともに
衷心より 御霊のご冥福をお祈り申し上げ お別れの ご挨拶といたします。


このエントリーの情報

カバの雄叫び 医師不足の問題について 2008/06/27 9:15 am

村井知事の最近の発言で、「様々な課題がありますが、現在の長野県にとって最大かつ喫緊の問題は^綮嬋埖の問題と農業が崩壊しかねないほどの深刻な鳥獣被害の問題である」と言われました。

 今、9月定例県議会の最真中であります。
 ‘森林税’や‘高校改革’や‘入札制度’のことなど課題は様々にありますが、最も多くの質問が出されたのが産科医不足を中心とする医師不足の問題です。
 
 なぜ、最近になって急にこの問題がクローズアップされるようになってきたのでしょうか。
 まず、その原因と言われたのが研修医制度の変更によるものとされています。
 確かに3年半前に、研修医制度の根本的な改革により、大学病院の医局に医師不足が生じ、病院から医局への医師の引き上げが、この医師不足の直接の引き金となったことは間違いありません。

 かつて『白い巨塔』と呼ばれた医局の中心たる偉い教授が、医師の人事権を握り、インターンと呼ばれた無給の医者の卵たちも、その支配の下でかつての徒弟制度のように2年間の研修を勤めるというのが、3年半前の制度でした。

 3年半前に、無給から基本給(月30万円程度)支給へと変更され、研修をする病院も自由化され、これまでの医局の支配に関係なく、医学生は研修先を選択することが出来るようになった訳です。

 その結果、地方の病院から‘都会の病院へ’人気のない病院から人気のある病院へと研修医の大きな流れの変化がおこり、一部に医師不足という問題がおこってしまった訳です。

 しかし、色々調べてみますと、繰り返しになりますが「研修医制度の変更」は、医師の不足の問題の大きな引き金ではあっても、根本的な原因は別のところにあるようです。
 
  ひとつには「医師の絶対数(総数)の不足」という問題があります。一定人口当たりの医師の数は、いつの間にか先進諸国の中で、日本は少ない方になってしまったのです。
  医師数は、全国の医学部の卒業生の数から簡単に推測することが出来るので、この状況は厚生省(現在の厚生労働省)の見込み違いと言えるでしょう。

 なぜ、こんな単純な間違いが起きてしまったのでしょう。それは、急速な高齢化社会への突入で、このまま医療費が増大すれば、国の財政がもたないとの認識が厚生省にあったからだと思います。‘医療費の抑制’が‘医師数の抑制’につながってしまったのではないでしょうか。

 事実、医療の専門家に医師不足の問題の原因はと問えば、その答えは『国の医療費の抑制策が根本原因である』と返ってくるのです。

 しかし、原因はそれだけではありません。何故なら、医師の不足は産科・小児科・麻酔科そして最近になって目立って来た外科に集中しています。これまでの原因だけではその説明は出来ないからです。

 これらの科に共通しているのは、夜間・休日をはじめ時間外勤務が宿命となっている点です。
 もうひとつ大事なことは、‘訴訟’のリスクが高いという点です。
 悪意がなくても、人間のする医療にミスや過失はつきものです。一所懸命患者のために苦労した結果で、悪人・罪人にされたらたまったものではありません。
 先程あげた時間外勤務と合わせて、これらの‘キツサ’故にこれらの科が敬遠されてしまうのです。

 今風潮となっている「我は正しい、他に責任を求める」ことが、あまりにもまかり通ってしまうことが、シッペ返しのようにこの問題の大きな原因としたら、我々皆が我が身を振り返ってみる必要がありそうです。

このエントリーの情報

ページナビゲーション

« 1 (2) 3 »